大分県南地区疾病対策協議会研修会セミナーレポート

大分県南地区疾病対策協議会研修会セミナーレポート

 2019年12月3日(火)大分県豊後大野市の「ホテルますの井」を会場に行われた大分県南地区疾病対策協議会の研修会にてセミナーを実施致しました。当日はお忙しい中にも拘わらず80名近い方々に出席していただきました。
 当日の講演は東亜薬品工業株式会社 今井獣医師による「哺乳の見直しと子牛の健康~ちびちび哺乳の勧め~」と、東亜薬品工業㈱ 大久保主任による「生菌剤ビオスリーの活用」2題を実施致しました。

 1題目の 「哺乳の見直しと子牛の健康~ちびちび哺乳の勧め~」は今井獣医師が研究を続けている「旧くて新しい」哺乳の方法です。2018年の九州地区獣医師会のランチョンセミナーにて講演し、大きな反響を頂いた内容になります。ランチョンセミナーを聴講していただいた先生から「もっと多くの人々にちびちび哺乳を知ってほしい」という強いオファーを頂き、今回講演の機会を頂きました。

講演後の反響を伺うと「ちびちび哺乳を取り入れたところ誤嚥が減った気がする」といううれしいお声も届いております。

  2題目の「生菌剤ビオスリーの活用」について説明させて頂きました。動物用ビオスリーは発売から50年以上、ビオスリーエース発売は20年が経過した歴史ある製品です。主成分である「乳酸菌・酪酸菌・糖化菌」の3菌の共生効果について独自の特徴を説明。特徴を生かしたビオスリーの活用法をご提案させて頂きました。

 今回、大変お忙しい中でご来場くださいました生産者、獣医師関係機関等の皆様に感謝申し上げます。お役に⽴てる情報提供ができ、大変嬉しく思っております。セミナーの詳しい内容につきましては、当社ホームページのお問合せ画⾯等から連絡をいただけましたら、 営業担当者よりご案内を差し上げます。お気軽にお申し付けください。

お問い合せはこちら