学術情報

掲載年 掲載誌または学会 論文名 著者名
1991年 医薬の門 連続流動培養系における腸管出血性大腸菌(Esherichia Coli O157)に対するStreptococcus faecalisおよびClostridium butyricumの抑制作用 瀬尾元一郎、深谷久美子、佐久一枝
1989年 医薬の門 便通異常に対する生菌整腸剤・ビオスリー錠の使用経験 猪狩弘之、鈴木秀、横木和弘、石橋克之
1989年 日本細菌学会誌 Streptococcus faecalisとClostridium butyridumの連続流動培養系における他種細菌の消長 瀬尾元一郎、笹津備規、河野恵他
1989年 Microbios Letters Inhibition of growth of some enteropathogenic strains in mixed cultures of Streptococcus faecalis and Clostridium butyricum
(Streptococcus faecalisとClostridium butyricumの混合培養による2、3腸管病原菌の抑制作用について。)
Gen'ichiro Seo, Kazuo Shimizu, Masanori Sasatsu, Megumi Kono
1989年 腫瘍と感染 生菌製剤の抗腫瘍活性に関する研究 山本克弥、田沢賢次、坂本憲市、小西健一
1989年 薬理と治療 医療用ビオスリーおよび動物用ビオスリーのラット28日間反復経口投与による亜急性毒性試験 坂巻政次、早川恒一郎、小林和宏、阿保義種、杉谷幸男、佐藤博、清水一雄、瀬尾源一郎
1986年 千葉県立衛生短期大学紀要 ラットの成長に及ぼすBacillus生菌体の影響 土橋昇、渡邊智子、清水一雄、高居百合子
1986年 臨床と微生物 1985年度に分離された腸球菌の薬剤感受性と伝達性について 瀬尾元一郎、笹津備規、河野恵
1986年 臨床と微生物 製剤分離腸球菌の薬剤感受性とその性状 瀬尾元一郎、笹津備規、河野恵
1966年 新薬と臨牀別冊 乳幼児下痢症に対するBio-threeの使用経験 山中大五郎、木下達二
戻る